FC2ブログ

記事一覧

僕の長い教員生活の中で最後の化学基礎の問題

輪番で化学基礎の担当教員が順に定期試験の問題を作っています。この二学期末のテスト作成は僕の番。来春定年を迎える僕は、これが化学基礎、最後の定期テスト作問です。範囲は、なんと物質量、モルのところです。テストを作る側としては一番面白みのないところですね。

僕は特に作問に工夫をしたりという事は考えないほうなので、ごく標準的な問題を並べました。
でも、やはり現任校の生徒には難しかったようで、持っているクラスの平均点はなんと40点。難しいテストならいざ知らず、これは生徒が分かっていないということが分かったテストとなりました。
これは、生徒の能力が足らないせいでしょうか。実は、モルの計算は比例計算なので、割り算掛け算の数をこなして慣れさえすれば本当にわからない生徒は少ないでしょう。現任校ではちょっと多いかな。でも、平均点が40点というのはあまりに出来なすぎです。原因は?主体的に学ぼうとする姿勢が出来ていないから?主体的に学習を進めさせなかったから?僕はアクティブラーニングなる教員に乗せられているのに主体的に学んでるなど公言する学習法はとても嫌いなので、生徒を乗せるように工夫するというのがどうしてもしたくありませんでした。

いい加減、したくもない勉強をするのは止めにしてもいいのではないかと思っています。労働力が足りないから外国人を連れてきましょうというのはすごく変な話で、実際には高校には仕事をして稼ぎたい生徒はたくさんいますから、もう生徒を学校に縛り付けるのを止めればいいんです。週休日を増やしてやりたくなったら学校に通える働き方、時間の使い方ができるようにすればいいのです。使いもしない科目を必修にしてまとめて卒業に必要な単位なんていうものを作るから、勉強は主体的でなくなってしまったのですよ。やりたいなと思って取り組んだら、最大の疑問、なぜモルを学ばなければいけないのか?をクリアしてスタートできる。分かりたいと思う気持ち、勉強するときに一番必要なものです。それを奪っておきながら、主体的な学びとか言っているけど、それって茶番ですよ。

それでも、何人もの生徒が放課後残って一生懸命問題に取り組んでいました。真面目でよく勉強する子がたくさんいます。でも、本当は「きみにとってモルって本当に必要なの?必要ないならやらない方がいいんじゃないの?」って言ってみたいです。

動機のない行動が大切なのは知っているつもりだけれど、動機のない行動ばかりを強いていると国が壊れてしまうと思う。

コメント

なるほど

確かに、やらされる勉強の繰り返しが多くの生徒のやる気を奪っているように思います。大胆な高校改革のアイデアで思わずうなってしまいました。おっしゃる通りでなぜ勉強するのかということがクリアな状態にすることが大切だと思います。勉強になりました。ありがとうございます。

コメントの投稿

非公開コメント

全記事表示リンク

学習支援・書籍へ