FC2ブログ

記事一覧

願書は大体出揃いましたね~。皆さん取り寄せた?

大学受験で頑張っている高校生の皆さん、いよいよ山場ですね。年を越えたら新しいことには手を出さないというセオリーからすると、無理が一番効くのがここですからね。やるしかないね。さて、志望大学含め願書の取り寄せは済みましたか。今は便利な世の中で、ネットでチェックいれると届いちゃいますからね。個人情報が渡るのは嫌だからと言ってては無駄なエネルギーを使ってしまいます。受験するのだったら、構わず住所を伝えて送...

続きを読む

数値の指数表現と有効数字

数値の指数表現 1.23×10^45(いってんにいさんかけるじゅうのよんじゅうごじょう)まずは有効数字理科で扱う数値というのは実測・観測に基づいた数値であることが多い。測っているという事は、実際には読み取る限界があり、実のところ完全な正確な数値というのは得ることができないのが普通です。(それ以外にに観測することによる避けられない差というのもありますが。ここではそれについては言及しません。)例えば、1mmのめ...

続きを読む

10年後の高等教育界の課題

昨日は勤務校で「組織的な授業改善」を目指した研究授業というのがあり、1年生の8クラスだけを残して先生8人が工夫を凝らした授業を行いそれを皆で見学し講評研究するというイベントがありました。文部科学省の肝いりではじまったアクティブラーニング(生徒主体の学習活動を取り入れる)は文部科学省がその言葉を最近トンと言わなくなったにかかわらず、現場ではお題目として生きていて、僕が観た授業でもグループを作り、その...

続きを読む

反応速度式の意味すること

反応速度式の意味すること高校化学の最も大切なセクションの化学平衡に入る前に反応速度を学びますね。aA+bB → cC という化学反応の一般的な反応速度の式v=k[A]^a[B]^b (反応速度 = 比例定数k × Aのモル濃度のa乗 × Bのモル濃度のb乗)がどういう意味を持つ式なのかを考えてみたい。単純化のために、この反応式では係数a、bはどちらも1であるとしましょう。するとV=k[A][B]となります。つまり、反応速度は反応物...

続きを読む

CODE STUDIO は、優秀なプログラミングの学習サイトですね。

またまた、化学のネタでなくてスミマセン。仕事柄、情報のお手伝いで教えてるのですが、code.orgのコードスタジオの学習コースがなかなか良いです。もし、僕のように情報アシストで教えていて、生徒が2進数の話とかで煮詰まってしまったら、HoursOfCodeという1時間完結コースもあります。基本はスクラッチのようにブロックを繋げるのですが、repeat,while,if else,なども触れられるし、関数や描画の命令も学べます。僕が、今やろ...

続きを読む

全記事表示リンク

学習支援・書籍へ