FC2ブログ

記事一覧

有機化合物中の炭素の酸化数

エタノール中の炭素の酸化数を聞かれてC2H6Oだから、2×C+(+1)×6+(-2)×1=0 合計ゼロルールから C=ー2と出して解答を見ると、ひとつのCはー3、もうひとつはー1と書いてあって???となったことはありませんか。平均値という意味ではー2でもいいかなと思うのですが、実際にはエタノールのふたつの炭素の反応性は異なるはずで、その意味では電子の授受状況は異なっているので、酸化数は異なりますね。酸化数は電...

続きを読む

コロイド溶液の性質

コロイド溶液とは何かという話は以前記事にしました。詰まるところ、コロイド溶液って溶液か溶液でないかの境目にあるのですね。境目にあるといっても、溶質の挙動はほとんど溶液と同じと言えます。決定的な違いは「見えてしまう事」。姿が見えない溶液に対して、コロイド溶液では溶質がはっきり見える。完全な真の溶液での溶質の挙動は見えないのですが、コロイド溶液では溶質の動きが見えてしまいます。これ、逆に溶液の性質を見...

続きを読む

共有結合とはどんな化学結合か。

前回の投稿「電子式のかき方」は見ていただけましたか。今日はその続きですが、電子式を分かってもらったところで、その知識を使って共有結合を説明します。不対電子前回の投稿の通り、原子は結合のための電子を4つの軌道に入れて持っています。例えば炭素は四つの軌道それぞれに1個の電子を入れた状態になっています。このように1個の電子しか入っていない軌道中の電子を不対電子と言います。2つ電子が入っている場合それを電...

続きを読む

電子式のかきかた決定版 共有結合

今日は共有結合の話をしようと思います。でも、共有結合って説明事項が多いので、ここでやると長くなりすぎです。そこで、今日は電子式をどうして元素記号の上下左右に描くのか?という事に絞ってお話ししたいと思います。電子式って何か?電子式とは「最外殻電子だけを描いたちょっと詳しい電子配置図」です。電子配置図ってのは、原子核を中心に同心円を描いて電子を点で表したあれですね。例、マグネシウムの電子配置図あれは原...

続きを読む

相対質量とは何か? VS 原子量

相対質量の定義についてです。相対量「あるもの」を基準として、「他のもの」がいくつで表されるか?の「いくつ」の値を相対量という。だから、原子の相対質量とは「ある原子の質量」を基準として「他の原子の質量」が「いくつ」かの値である。基準としては一番軽いものを選び、なおかつそれを「1」とするのが分かりやすいので、水素原子の質量を1として、他の原子の質量を数値で表せば、それが相対質量である。ちなみに、これで...

続きを読む

全記事表示リンク

学習支援・書籍へ