FC2ブログ

記事一覧

1mol = 6.0 × 10^23 はどこから来たか アボガドロ数の起源?

えーと、ずばり
「一番軽い水素原子を 6.0×10^23 (ろくてんぜろかけるじゅうの二十三じょう)個集めると1gになる」

厳密には基準は12炭素なので、それで言うのがいいけれど、それでも(質量数1の)水素1g中の水素原子の個数を1モルと言うのと概数でならかわらない。





受験生の2人に1人が利用する圧倒的なわかりやすさ!まずは無料でお試し。


コメント

コメントの投稿

非公開コメント

全記事表示リンク

学習支援・書籍へ