FC2ブログ

記事一覧

大学入学共通テストの対策

大学入学共通テスト今の高校一年生が受けることになる大学入学共通テストについて某進学予備校の記事を読んでみた。なんだか今ひとつイメージがわいてこないので、こういう時は大学入試センターが公に発表している文書をネットで見てみましょう。理科のテストを作るうえでの狙いのようなものがあるので、それも読んでみたが、これを見て問題のイメージが湧く高校一年生はいないでしょう。でも、去年の11月に行われたプレテスト(試...

続きを読む

今更ながらだが化学の勉強法

今更だけど化学の勉強法おそらく、数学と英語の勉強中心でやってきた人が、ここらで社会や理科に本腰を入れてはじめている時期ではなかろうか。ここで、化学の勉強法を再度確認しておきたい。とはいえ、化学の勉強法は他の教科に比べてとてもシンプルです。ひとことで言えば「問題集を二回繰り返してやりなさい」これに尽きます。ノートに無機のまとめ、有機のまとめをまずは書くという人もいると思うけれど、時間がない人向けでは...

続きを読む

元素か単体か 決定版(笑)

元素か単体か「水素」と言った場合、それが「水素元素」として使われているのか「水素の単体」として使われているのかを答えないさいという問題があります。この判断が結構難しいことがあります。水素元素という言葉は、水素と呼ばれる元素を指しますが、「元素」を省略して「水素」と言った場合、それを言った人は、ともかくそこに「水素元素があるんだよ」という意味で使っているのです。このとき、水素元素だけがあろうと、他の...

続きを読む

電子殻の変形>四本の角の形>分子の形

以前の記事で電子殻は共有結合によって変形して「四本の角を出す」という話をしました。四本の角には二つづつの電子が入っているのですからお互いの角はマイナスの電気とマイナスの電気の間に働く斥力によってできるだけ離れようとしています。それでは、ある一点からでた四本の角がもっとも離れた形はどんな形か?というと、それが教科書にも出ている正四面体の中心から正四面体の頂点に向かう四本の手になるわけです。この四本の...

続きを読む

まとめ、一学期の化学基礎

さて、1学期も終わったここで、1学期の化学基礎が何を教えようとしていたのかをちょっとまとめておこう。まず、(1)物質は元素から成り立っているということ。化学で取り扱うのは物質であって物体ではない。物体は分割すると異なる名前のものに分かれることがあるが、物質は任意の分割を行っても分割したものの名前が変わらない。(2)複数の元素が含まれる物質の成分元素の構成比を見たとき、構成比が一定でなくいろいろな比...

続きを読む

共有結合と電子式

共有結合をなんとかわかるには共有結合の説明を教科書で見ると、結合する原子がお互いにひとつづつ電子を出し合って共有するというような説明になっていると思います。僕は共有結合については、本当に正しい説明ではないとお断りしながら、いつも次のような説明をします。(1)価電子をつかって結合はできる。価電子は8個(すなわちゼロ、価電子ゼロルール)になろうとしている。(2)価電子が8個に足りない原子が電子を貰おう...

続きを読む

分子模型は効果的

分子模型化学の授業の時に触らせてもらいましたか。たいていの学校には創立時に揃えられていると思います。あなたが、化学系の進路、化学科、工業化学科、薬学科、食品系学科などを考えているなら、できるだけ早いうちに模型をひとつ買って勉強に役立てると良いです。くどい説明を聞くよりすぐに分かりますから。自宅で使って、分かったらお気に入りの分子を作って飾りとして使ってもいいです(と、思っているのは僕だけかも知れな...

続きを読む

僕の化学の動画チャンネルも覗いてみてくださいね~。

数年前から、細々と化学の基礎的な事柄の説明をYoutubeで流しています。よろしかったらそちらものぞいてみてください。なお、今後つくる動画の一部は、下のように埋め込みリンクでご紹介することもあります。下のは、Youtubeチャンネルでこちらのブログを紹介するために作ったものですが・・・ちなみに、「化学反応式の係数をつけよう」はたくさん見ていただいております。うれしい。受験生の2人に1人が利用する圧倒的なわかりやす...

続きを読む

リードライト化学基礎がしんどいというひとには

数研の「基本セレクト化学基礎」という問題集を強くお薦めします。これを繰り返し二回解く!という勉強の仕方で定期テストを乗り切りましょう。ただし!この問題集は一般書店で新品を購入する事はできません。学校経由でないと買えないのです。でも、ご安心を。Amazonに中古で出ています。解答付きかどうかを必ず確認して購入しましょう。基本セレクト化学基礎...

続きを読む

化学式の周りの数字が掛かる範囲

数字の位置で、数字の掛かってる範囲が違う。★化学式の前の大きな数字→数字に続く化学式の末尾まで掛かってる。★2化学式の後の右下の数字→数字の直前の原子または( )でくくられた化学式★3化学式の後ろの右上の±がついた数字→これはイオン価なので何にもかかってない。直前の化学式全体の電子の過不足を表している。★4元素記号の前の上下の小さい数字→下は原子番号、上は質量数 受験生の2人に1人が利用する圧倒的なわかり...

続きを読む

全記事表示リンク

学習支援・書籍へ