FC2ブログ

記事一覧

分圧の法則は絵で分かろう

分圧の法則を絵で分かるように説明してみました。が、式も出てくる(笑)。まずは、気圧の定義をおさらい。気体って大体分子性物質ですから、分子で描いてます。気圧=単位面積当たりにかかる力を発生しているのは分子が壁に衝突するからですね。で、ここで、最初に容器に入れた気体の示す圧力=気圧を高める方法を考えます。一番最初は、もっと気体を詰め込んじゃう(温度一定にキープします。つまり分子の動きは同じってこと)続...

続きを読む

ボイルの式とシャルルの式からボイルシャルルの式をつくる

今日はちょっと簡単に・・・ボイル則の式とシャルル則の式からボイルシャルルの式をつくる方法これ乗ってる教科書見たことありますが・・・いっぺんに変えないで、まずはT1変えないでP1→P2だけ変えます。T1変えてないので体積はV1でもV2でも無い別の値になります。これをVプライムとします。P1→P2の変化にはボイルの法則式が成立、T1→T2の変化にはシャルルの法則の式が成立します二つの式からVプライムを消...

続きを読む

理想気体からのずれをPV/RTの値でどう判断するか

理想気体からのずれをPV/RTの値でどう判断するかこの記事は、前の記事、「なんで気体は何でも22.4Lなのか?」の続きです。理想気体=「気体分子の体積ゼロ、分子間力ゼロ」の気体では圧力、体積、モル数、温度の間にPV=nRTという関係が成立しています。この式を変形してn=PV/RTとすると、理想気体に関してはPV/RT値は一定値(その気体のモル数)となる事がわかります。つまり1モルの理想気体ではPV/RT=1です。実際には多...

続きを読む

全記事表示リンク

学習支援・書籍へ